e-scaleロゴ

e-scaleでは、音楽制作や演奏活動を行っております。また、その音楽を通じて様々な人の繋がりを広げて行きたいと思っています。

e-scaleツイッター

e-scaleからの告知や、そのほか関わる活動の模様を紹介します。

月別一覧

2019.05.20

新世界より

2019年5月より新元号「令和」となりましたね。

まだ漢字の変換もスムーズに出ないほど、新しい言葉で切り替わったもののそこまで
実感が湧いていない現状ですが。。

さて、ようやく気温も春から一気に夏の模様になりつつありますが、昼暑く夜寒いの
とても激しい寒暖差に衣服の調整が難しいですね(汗

そんな中、企画の音楽など考えていて新たにやってみたいことができまして
早速取り掛かっている今日このごろです。

もともとゲームBGMや映画・ドラマのサントラに憧れて音楽を始めた部分が大きいのですが、
そこを再度見つめ直してみようと思い、20代の頃無理によく聞いていた交響楽団や吹奏楽などに再度
向き合ってみております。

当初からストリングスやピアノの音色大好きでしたが、そこばかりでして、
トランペットやサックスなどの方は、音色が強すぎる印象で当時あまり好きには慣れなかったのです。勿体無い。。
クラシックのアレンジには興味あるけど、そこに該当する半分の楽器を敬遠してしまっていたという状況でしょうか。

ところが最近ブラスアレンジなどを人から学ぶ機会がありまして、今頃興味が沸騰しまして。
あの息を吹く人間味ある音というか、旋律が生きているって感じがこの歳になってようやく面白いと感じれるようになったいうことですかね。

あとは今やっている某アニメにも感化されたとかされてないとか^ ^;

まずは地元の吹奏楽団に入ってみようと個人的に練習&いろいろ模索中です。
このあたりは何かしら形にして、今後の活動にしていきたいと思っております。
ちなみに一番やってみたかったオーボエは、全くの初心者で先生につきたかったのですが、京都で習えるところがなかったので
泣く泣く諦めて別の楽器で挑戦します。

そんな中、クラシックつながりでアメリカで本場の舞台音楽作品が見れるという映画館でやっている「met」(ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場)での作品上映を観てきました。
なんと、1作品で6時間の上映時間。。なかなか色々と初体験でしたがとても面白かったです。

ちなみに今回観てきたのは、ワーグナーの「ワルキューレ」でした。
やっぱり生演奏のほうが良いのでしょうが、映画館でも臨場感を味わえました。
家で見てたら途中で寝てるかもですしやっぱり観に行って正解でした(笑

演目の間に、休憩がてら放送される舞台袖での演者へのインタビューがなんともアメリカ的で
良いアクセントでした。

もしよければ年に何回か演目を変えて上映されるみたいなので、舞台音楽に興味ある方はぜひおすすめです。
一日中映画館にいれるという今はなかなかできない体験も面白いと思います。
https://www.shochiku.co.jp/met/program/s/2018-19/

Kazuo Akamichi

2019.02.11

2019年2月活動報告

2019年も明けて早2月となりました。

表立った活動へ向けて、2019年も地道に進めております。
そろそろ明確な告知ができればと思いながらも時間だけが経っており、、
ほんと「今年こそは」という毎回同じ思いだけ空回りしてしまっておりますね(汗

でも現在、音合わせや打ち合わせなど具体的な形になるアクションを起こせております。
3年目の正直ということで見守っていただけると嬉しく思います。

虹の国のメイシアについては、emu氏キャライメージのemu’s styleバージョンとして進めております。
演奏や、ライブ、音源についてなんとか2019年こそはお披露目できればと思います。

そして、メインバナーにて張り出しております新企画ヤドリギノモリ(仮)についてですが
いよいよ具体的に音ができつつあります。

詳細については近日正式に公開予定とさせていただいております。
3月あたりには具体的な音を紹介できるよう進めております。


ヤドリギノモリ(仮)
過去を失った少女が森で老婆と出会う。
救われぬ姉妹のために鎮魂の火を…
それは悲しき魂の復讐劇のはじまり

最近ではそれほど珍しくもない手法なので明かしてしまいますが、
こちらについては、ストーリーを複数の観点から表現したother sideストーリー
またはマルチストーリー型で構築中です。
他企画とも並行して長く続けていける不定期更新型継続企画として
運用予定です。

こちらもご期待していただければ嬉しく思います。

ではでは引き続きe-scaleをよろしくお願いいたします。

Kazuo Akamichi

2018.12.31

虹の国のメイシア~チャルカ mayshia-ish emu style

*§*―――――

メイシアはある朝、独りぼっちになっていた。
ストローは、ウッジは、チャルカは…
それぞれがある場所にたどり着けさえすれば、叶うと信じること。
オズの魔法使いの世界観で繰り広げられる、少女4人が自らと世界を救う冒険ファンタジー。

―――――*§*

*
さて長らく企画しておりました「虹の国のメイシア」ですが
キャライメージが形になりました。
**
今回紹介させていただくのは4人の中で最年少チャルカの紹介です。
*
【チャルカ・ストレングス】
「ちょっと…どうしたの? なんで泣いているの? 」
 メイシアが聞いてもギャンギャン泣くばかりで、何を言っているのか全く分からない。
 上等な絹糸に見えていたのは、女の子の髪だった。金色に染め上げた、上布に織られる前の原糸のような、しなやかで美しい髪の毛だ。
 女の子自体も、かなりのボリュームで泣いているので顔もぐちゃぐちゃだけれど、普通にしていれば容姿端麗。美少女のように見えた。
.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

無題467

Illustrated by emu

mayshia-ish emu style

*
「チャーはウッジと行く!! ねぇ、いいでしょ! 」
「だめ。みんな心配しているから。それに、すっごく遠いところに行くんだよ。チャルカには無理だって。」
「チャー、ちゃんと歩けるもん! 」
.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+
**
*
**
第1章 はじまり
http://ncode.syosetu.com/n4519ct/12/

2018.12.29

虹の国のメイシア~ストロー mayshia-ish emu style

*§*―――――

メイシアはある朝、独りぼっちになっていた。
ストローは、ウッジは、チャルカは…
それぞれがある場所にたどり着けさえすれば、叶うと信じること。
オズの魔法使いの世界観で繰り広げられる、少女4人が自らと世界を救う冒険ファンタジー。

―――――*§*

*
さて長らく企画しておりました「虹の国のメイシア」ですが
キャライメージが形になりました。
**
今回紹介させていただくのは北の集落からやってきた長身の女の子ストローの紹介です。
*
【ストロー・プリセズ】
オラ、この教会は無償で勉強を教えてくれるって聞いて、村を出てやってきたんです…。
とりあえずどこかに隠れて、今後どうするか考えようと茂みに入ったらここを見つけて…
誰かが居るなんて思わなかったので、ごめんなさい、」

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

無題469

Illustrated by emu

mayshia-ish emu style

*
 オッカァが貧乏から脱却して村や家族を救うには勉強しかないと言って…旅の方にカップ村の教会なら、勉強をタダで教えてくれるかもしれないと聞き、旅立つ決心をしてやってきたのです。

 …本当はここで勉強して、次は街で勉強して、ゆくゆくはロード様のところで村のために何か出来るような、そんな職に就きたいと…叶うはずもない夢を思い描いていました…」
.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+
**
*
**
2章 秘密の書庫の秘密
http://ncode.syosetu.com/n4519ct/4/

2018.12.07

2018年もいよいよ大詰め

寒いやら暑いやらの何とも妙な気候ではじまったこの12月ですが
2018年もいよいよクライマックスですね。

今年こそはと意気込んで活動を進めておりますが、結局の所マイペースな1年となった印象です。

そんな中でも、色々と足掻いた結果、個人的にもチーム的にも何かと進展はあったのではないかと
感じております。

さて、長らく企画を進めております「虹の国のメイシア」ですが、
キャラクターイメージがようやく形になりました。
キャラクターデザインにemu氏を迎えて、また一歩と前進できました。
以前から音楽活動していただいているメンバーに加えて、新たなメンバーとして参加頂いたことに
本当に感謝しております。

この企画自身、小説先行よりでのスタートとなりまして、メラニー氏をはじめ音楽活動メンバーにも
かなりの時間を注いで貰っておりますので、各メディアの制作からライブという形でのお披露目までも
行えるよう進めていきたいと思います。

小説に出てくる登場キャラクターたちにもそれぞれの命が宿り、作品としてより深みが出せればと考えておりますので
今回の各キャライメージが確立できたことは大変大きな効果があると思っております。

現在、メイシア、ウッジと紹介させていただいておりますが、引き続きチャルカ、ストローと
近日お披露目させていただきますので、ご期待頂ければ嬉しく思います。

またそんなキャラクターのイメージをもとに、小説や楽曲なども接して頂きより身近に作品を感じていただけたら
と思います。

Kazuo Akamichi

2018.12.03

虹の国のメイシア紹介~ウッジ mayshia-ish emu style

*§*―――――

メイシアはある朝、独りぼっちになっていた。
ストローは、ウッジは、チャルカは…
それぞれがある場所にたどり着けさえすれば、叶うと信じること。
オズの魔法使いの世界観で繰り広げられる、少女4人が自らと世界を救う冒険ファンタジー。

―――――*§*

*
さて長らく企画しておりました「虹の国のメイシア」ですが
キャライメージが形になりました。
**
今回紹介させていただくのは孤児院(ラズベリーフィールズ)で育った女の子ウッジの紹介です。
*
【ウッジ・エンプレス】
「伐採しちゃいけない木も有るから気をつけんだぞ。」
たくさん薪が出来たらみんな喜ぶと思っていたウッジだったが
ある時、そんな伐採してはいけないといわれる印の木を…。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

ウッジ

Illustrated by emu

mayshia-ish emu style

*
どうして、世界はキラキラと瞬いているのに、このぽっかりと空いた穴は埋まらないのだろう。
ウッジには、大勢の「家族」と呼ぶ事を強要されている…同居人が居る。
この子もそのうちの一人だ。
誰にも言わないが「どうせウチを、担当だから世話を焼いてくれる人くらいにしか思っていない」のだろう。
ウッジはいつもそう思っている。
.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+
**
*
**
2章 ラズベリーフィールズ
http://ncode.syosetu.com/n4519ct/4/

2018.11.23

虹の国のメイシア紹介~メイシア mayshia-ish emu style

*§*―――――

メイシアはある朝、独りぼっちになっていた。
ストローは、ウッジは、チャルカは…
それぞれがある場所にたどり着けさえすれば、叶うと信じること。
オズの魔法使いの世界観で繰り広げられる、少女4人が自らと世界を救う冒険ファンタジー。

―――――*§*

*
さて長らく企画しておりました「虹の国のメイシア」ですが
主人公メイシアのキャライメージが形になりました。
**
今回紹介させていただくのは冒険の発端となった少女メイシアの紹介です。
*
【メイシア・フーリー】
カップ村に住む、歌うことが大好きな普通の女の子だった。
ある日突然、生まれ故郷の村が無くなり、旅をすることになる。
.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

メイシア

Illustrated by emu

mayshia-ish emu style

*
ことの始まりはここからでした。
平和な日常から突然の不思議なことから、、
異世界への旅立ちとなりました。
.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+
**
*
**
1章 秘密の書庫の秘密
http://ncode.syosetu.com/n4519ct/4/

2018.10.31

Studio One導入してみました。

さて、もう11月で2018年もいよいよ暮れとなりました。

今年は表立った活動はなかなか行えておりませんでしたが
水面下でライブに向けて着々と形になりつつ今日この頃です。

そんな中、新たなDAWソフトを導入することになりました。
そう、Studio Oneです。

今までCubase中心でありましたが、持ち出しのPCスペックが辛い状況でして
少しでも軽い動作のものを検討しておりましたところ
これにあたったわけです。

起動までの時間がとにかく早い。
今のところ、音響の都合でマルチ出力での使用ができるもので探しておりましたが
これがサクサク動くわけです。

あと、心なしか噂通りに音が良いというか透き通っているような気がする。
やはりDAWソフトごとの音質ってあるのだなと実感できた一品でした。

今後は、制作にも使っていければと思っております。
また使用感がCubaseに近いような気がするので、それほど抵抗がなかったことも
嬉しいものでした。

USBのドングルも必要ないので、持ち出しが多いPCでの導入に向いていると思いました。

現在稼働している企画について少し進捗を。
「虹の国のメイシア」に続き「ヤドリギノ」(仮)が現在制作中です。

少しイメージ音源をアップしております。

今年もあと少しですが、「虹の国のメイシア」の音合わせと「ヤドリギノ」(仮)の制作に力を
入れていきます。
是非よろしくお願いします。

あと、この11月にゲシュクリームタルトで歌ってましたmihhi氏が歌うバンドもんもん市場。さんが
大阪のライブハウスGANZ toi,toi,toiにてCoccoカバーイベントで演奏されます。

11/18(日) 開演12:30〜
チケット1500(別1D¥600)

会場は西天満「GANZ toi,toi,toi」
ganztoitoitoi.com/index.html

お時間があれば是非遊びに来てくださいませ。

ではでは。

2018.08.28

若手演奏家によるフランス音楽の調べ

以前より仲良くさせていただいているオペラの歌い手さんが演奏会を行うとのことで
お誘いいただきましてクラシックな演奏会に足を運んできました。

普段なかなか足を運ぶ機会がないジャンルでしたが
素晴らしい歌声とピアノ演奏によりとても楽しめました。

オペラ楽曲なので、歌詞は英語でもないのですよね。。
なかなか最初は戸惑いましたが、日本語訳と歌い手さんの表情などで
雰囲気はばっちりつかめていたと思います。。多分(笑)

最小限のアンサンブルになるのですが、オペラという最大限体の響きを使った歌と
グランドピアノというこれまた最大限に共鳴を活かした楽器ということで
まさしくアンプラグドでしたが、とても音圧を感じることができて大満足でした。

人の歌声ってミキシングの上でも特殊という話を聞きます。
バンドや打ち込みなど楽曲をミキシングする上で、音域がかぶったり音圧が強い音色が
入ると、それに近い音域や定位の音は後ろに行ったり、聞こえなくなったりするものですが
人の歌声だけは、ぶつかっても前に出る傾向があるのです。(限度はありますが。。)

その歌声を最大限響かせて強く表現された歌い方がオペラだと思っているのですが
これだけ強い音だと、ほんと機材や楽器は最小限でも十分に魅力が伝わるものだなと感じております。

一度、生でこの音を体感するべきですね。
また足を運びたいと思います。

Kazuo Akamichi

IMG_0751
IMG_0761

2018.08.17

音源販売始めました。

今年の夏は暑い。。
猛暑ならぬ酷暑という言葉がでてくるほどはありますね。

そんな暑い日が少し和らいだ本日の気候でしたが、
水面下で動いておりました一つの企画がまた形になりました。

以前より音源販売など少しさせていただいておりましたが、
今回専用のショップを立ち上げることができました。

視覚的に音を選べたら楽しいだろうなとつねづね思っておりまして、
今回音に対しての絵が完成し、ようやくお披露目となりました。
約100点の音に、キャラクターが宿るような素晴らしいイラストをつけていただいた絵描きさんには大変感謝しております。
納期も急かしてしまい申し訳なかったです(汗)

音については購入いただいたものは、それぞれの作品でご利用していただける
素材音源となっております。
同じように何かものづくりをされているクリエイターの方々のお役に立てれば嬉しく思います。
なお、リスニング用の音源はリスニング用として別のカテゴリで販売とさせていただいておりますが
そちらは素材音源ではありませんので、ご注意をお願いします。

まず現時点では、自身の音楽制作より作られたラインナップが主となりますが、
いずれは音楽活動で関わっていただけた方々の音源やグッズなどの
委託販売なども受けていきたいと思っております。

よろしければ是非覗いてみてください。
e-scaleの音楽活動と共に今後とも宜しくお願いします。

bnr01
e-scale STORES.jp
https://e-scale-shop.stores.jp